多くの塾が、様々な地域から少しでも多くの生徒を集めようとしています。
その結果、

「テスト前なのにテスト範囲外の授業が行われている」

「そもそもテスト前日なのに定休日」

と言ったことを多く耳にします。
私が大手塾で講師をしていたときも、そうでした。

藤原塾は、生徒が電車に乗ってやってくることを想定していません。
来て頂くお客様を絞り込むことで、その指導に集中します。
逆に、この3校で他の塾に負けてしまったら、どうしようもありません。
だからこの3校の対策では決して負けません。

・授業は定期テストを想定して進むので、塾の勉強がそのまま定期テストの点数に変わります。
・テスト前期間の休日は10時~22時まで開校し、定期対策の勉強ができます。

※3校以外の生徒というだけで入塾拒否はしませんが、この3校を優先した授業の組み立てになることを承知の上で入塾してください。

 

帰国子女や、中1・中2だが英検3級取得済みなど、特に英語の授業を必要としない生徒は意外と多いです。
「まずは数学だけでもなんとかしたい・・・」といったニーズにもお答えできます。

藤原塾では、好きな科目を、好きな数受けていただくことが可能です。
もちろんテスト対策授業をはじめ、
塾で提供している自習スペースや設備も科目の数に関わらず全て使えます。

 

・季節講習は通常の2~3倍を目安に授業時間を確保
・通常の月謝のみで講習の別料金は無し

これは藤原が塾を開く上で絶対に達成したかったことです。
そもそも、勉強だけのことを考えれば一番勉強できる長期休暇に塾に行かないなんてありえません。
「家で勉強します」が、塾と同じ成果を出せるなら、そもそも塾を必要としていない生徒です。

私は、長期休暇は絶対に塾に来させたい

子供が長期休暇に勉強することのハードルは、極限に低くしたい。

夏休みに沢山勉強しようという子供に対して、御家庭には手放しで喜んでもらいたい。

よって、当塾の講習料は月謝のみで、別料金がかかりません。
同じ理由から、合宿などは行わす、全て塾校舎で行います。

 

(2)

当塾は、成績中~下位の生徒でも偏差値50前半~60前半の学校を目指すというコンセプトのもとに作られた塾です。

現状より10高い偏差値の学校を受けるということは、決して易しいことではありません。

平均偏差値に届かないということは、勉強の徹底ができていないということです。

藤原塾は、半端ができないようサポートを徹底します。

 

・単元習熟確認テストに不合格なら合格まで授業のない日に強制補習
・宿題を3度忘れたら(適当な解答も含む)、今後は全て塾でやってもらう
・学校の課題も同様にチェック
・無断欠席or遅刻は勧告の上、3回で退塾

このように、手抜きができないように徹底を行います。
テストに合格し、宿題をやり、しっかり出席すれば、最低限の通塾で助かります。