茨城県南から通える県外の中学

前回、茨城県内の中学についてまとめたが
今回は茨城県外の中学についてもまとめておきたいと思う。

まず、通学時間からある程度の範囲に絞りこんでおきたい
ただ、細かい考察をここで述べるとそれだけで終わってしまうので、また別の機会にしたい
ざっくり、学校は8時から18時まで拘束されることを考えて、1時間の通学には反対である
個人的に中学生の通学限界は原則40分と考える。電車に乗る時間は30分までである。
では取手、牛久から30分かけるとどこまで行けるだろうか

東京方面に北千住まで
東京は良い学校が多い。だが、特に強い理由のない場合は北千住まで足を延ばすのが限界だろう。そこまでにある学校は
―千葉―
二松学舎柏(45)
芝浦工大柏(62)
麗澤(56)
専修松戸(58)
―東京―
修徳(44)
共栄学園(44)
足立学園(52)

正直、東京の3校は選択肢に入りません。わざわざこのレベルの学校に2県越境をする必要はない。
千葉は二松を除く3校は手頃な難度でいい。
芝浦工大は名前の通りモノづくり系で、やはり男子に人気な理系学校。東大現役3名
専修松戸は英語重視の国際志向。専修大への推薦が多いので実績は微妙
麗澤は…一応英語重視みたいですがその割にその分野への進学実績が良くない…他も…
やはり実績では圧倒的に芝浦工大。折角越境させるならこのあたりを目指させたい

少し遠いが、千葉の市川(66)や東京西日暮里の開成(77)など、いわゆる「ガチ」の学校なら1時間近くかかるが、本人の希望次第でありだ。

渋谷幕張や県立千葉といった千葉の最上位は南部にあり、1時間半はかかってしまうので除外。

そして、残念ながら常磐線の東京方面以外に県外の学校は…選択肢が無い
東京の学校は千代田を中心に展開しており、千葉寄りにはあまりないのだ
実質、県外で勧められる学校は、芝浦と専修の2校である

前回の分と合わせても、圧倒的に少ない学校の選択肢…
そんな中、彗星のように現れた学校群がある
それが、県立中高一貫校である。
次回は茨城県立中高一貫校について考えたいと思う

関連記事

  1. 代表紹介

  2. 茨城進学フェア

  3. 料金(家庭教師)

  4. 夏休み

  5. 茨城の公立中高一貫校

  6. 茨城県南の中学進学について考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。